40代で低用量ピルを服用するときに気を付けたい副作用は?血栓症に注意しよう

低用量ピルが持つ副作用の一つに、血栓症のリスクが高まる、というものがあります。血栓症は、血管の中に血の塊ができてしまい、血液の流れが止められてしまう病気です。自覚症状が現れにくいため、発症には十分な注意を払う必要があります。

20代や30代の方の場合、低用量ピルの副作用によって血栓症になるリスクは、さほど高くないといえるでしょう。海外で行われた調査によると、ピルを服用している女性が血栓症にかかる確率は10万人に1?10人程度とされています。服用していない人よりは高い確率となりますが、重大なリスクがある、というわけではありません。

しかし40代以降になると、血栓症のリスクそのものが大きく高まってしまいます。このため40代以降の人は、リスクについてしっかりと考えた上で、ピルの服用を行う必要があるのです。

血栓症の初期症状についてしっかりと把握しておけば、症状を悪化させるリスクを低下させることができます。怪我をしているわけでもないのに突然ふくらはぎが痛む、片側の手または脚だけがむくんだりしびれたりする、といった症状があらわれたら注意が必要です。胸に鋭い痛みが生じる、突如として息切れを起こしてしまう、といったことも初期症状として挙げられます。

リスクを増加させてしまうのは、年齢や低用量ピルだけではありません。長時間同じ姿勢を続ける、水分を十分に摂取していない、といった習慣も血栓症のリスクを高めてしまいます。普段から体に無理をさせないよう心がけ、初期症状に気づいたらすぐにクリニックに相談をすることが大切です。

体内で分泌される女性ホルモンの量は、年齢によって変化していきます。閉経を迎える45歳前後になると、女性ホルモンの分泌量が急速に減少し始め、その結果として更年期障害などの問題があらわれやすくなるのです。更年期障害の治療では、急速に減少する女性ホルモンの量を補うため、ホルモン補充療法などが行われています。

低用量ピルにも女性ホルモンが含まれていますが、その量が非常に多いため、40代以降の女性が服用する際には十分な注意が必要です。もともと低用量ピルを服用していた方の場合も、40代の後半に差し掛かったらホルモンの状態について一度検査したほうが良いといわれています。身体の状況によっては、低用量ピルからホルモン充填療法に切り替えていく必要があるかもしれません。
血栓症のリスクや身体への影響について把握した上で、低用量ピルと上手に付き合っていきましょう。

関連記事
低用量ピルを服用しながらタバコを吸ってもいいの?血栓症リスクが高まるので禁煙を! 2020年06月23日

排卵をコントロールして、避妊や月経の調整といった効果をもたらす低用量ピルは、女性のやなみを解決する画期的な薬のひとつです。世界中で使用されている安全性の高い薬ではありますが、血栓症のリスクを高めてしまう、という副作用も存在しています。血栓症のリスクを避けて低用量ピルを服用するためには、禁煙を行うこと...

アフターピルは1回だけ飲めばいいの?正しい飲み方をしよう 2020年04月24日

アフターピルの基本的な飲み方は、性交渉後72時間以内に服用をする、というものです。ヤッペ法という緊急避妊法では、中用量ピルを72時間以内に一回服用し、その12時間後に二回目の服用をする、といった方法がとられています。クリニックで扱われている薬の種類や方法によって服用回数が異なりますので、服用前にしっ...

ピルを飲んで飲酒すると効果が下がるの?ピルと飲酒の関係について 2020年05月09日

ピルを服用している最中、飲酒をしてしまったら避妊効果は低下してしまうのでしょうか。ピルの服用は、通常7日間の休薬期間を含む28日周期で行われます。21日間毎日服用を続けることになりますから、飲み合わせの悪いものや、避けるべきものについてきちんと知っておくことが大切です。医薬品の中には、服用中は飲酒を...

アフターピルにはどのような効果があるの?服用する前に知っておこう 2020年04月06日

低用量ピルとアフターピルには、同じピルという言葉が使われていますが、それぞれ全く違った効果をもたらすものです。低用量ピルは継続して服用し、避妊効果を得るというものであり、アフターピルは緊急避妊時に使用されます。緊急避妊とは、避妊に失敗してしまった場合や、無防備な性交渉をしてしまった後に、後から行う避...

低用量ピルは種類がたくさんあってどう飲んだらいいのかわからない!種類別の飲み方をご紹介 2020年03月22日

低用量ピルは、正しい飲み方をすることで効果を発揮します。服用方法を間違えてしまうと、避妊効果が低下してしまうため注意が必要です。これから初めて服用をするという場合、混乱してしまいやすいのが種類による飲み方の違いです。種類別の飲み方を知って、正しく服用を開始しましょう。低用量ピルには21錠タイプと28...